アロマエステで事故が起きうる状況について

アロマエステにおける事故について

アロマエステでは「事故」という用語が存在します。
意味は大きく分けて2つあり、ひとつは男性客の性器に触れてはいけないのに「アロマエステ嬢の手がペニスに当たってしまう」こと。
もうひとつは健全なアロマエステ店で「抜き」が、風俗エステ店で「素股」「本番」などルールで定められた以上のことが行われることです。
ここでは後者について取り上げていきます。

「事故が起こりやすい店の特徴」
「起こりやすい女性のタイプ」
「行動で事故を起こしやすいアロマエステ嬢を見分けるポイント」
に分けて説明していきますので参考にしてください。

アロマエステで事故が起きやすい店

ここでは事故の起こる可能性が高いアロマエステ店について説明しています。
中国・韓国などアジア系女性の在籍率が高いお店もそれに当てはまりますが、ここでは日本人から施術を受けられるアロマエステ店を対象に書いていきます。

1. 料金が高め

高級店以外で同じ地域・同じ業種のお店よりも料金が高めに設定されているアロマエステ店は、事故が起こる可能性が高い傾向にあります。

同じ街の風俗店は、大手グループの系列店・高級店といった例外を除くと、同じくらいの料金設定になっていることが多いです。
アロマエステ店はデリヘルなどに比べてサービス内容がライトなので、その分だけ料金が安くなっています。
街によって相場は変動しますが、60分10,000円程度が目安となります。

ちなみにグループの系列店は「※※ 〇〇店」「〇〇※※」など店名の前後に街の名前が入っている、高級店はHPが豪華なデザインになっている・同じ業種のお店の数倍の価格になっていることが多いので参考にしてください。

ここで取り上げる料金が高めなアロマエステ店は、同じ街の同じ業種のお店より、2~3,000円程度料金が高いお店です。
・在籍するメンズエステ嬢の容姿レベル
・施術内容
などに差がない場合は、さらに可能性が高まります。

料金を高めに設定している理由が、「素股」「本番」など通常では禁止されているサービスができるということが多いです。
事故が起こることをスタッフが黙認している・スタッフが女性に行うように命じていることも多いので、それが料金にも現れています。
ただ事故が起こることで売上を上げようと考えているお店が多いので、アロマエステ嬢の容姿・施術テクニックなどは水準以下だと考えておくと良いでしょう。

2. 洗体のサービスがある

アロマエステ店の中には洗体のサービスを用意したお店もあります。
通常はアロマオイルを使って施術を行いますが、洗体のあるお店ではボディーソープの泡を使って行うことが特徴です。
基本的には風俗ではない健全なアロマエステ店で行われているため、風俗エステで行っているお店は多くありません。

この洗体サービスですが、通常のオイルを使ったマッサージに比べ、ムスコの感触が分かりやすいことが特徴です。
お店や女性によって施術の詳細は異なりますが
オイルを使ったマッサージ:お腹やお尻と同じようにオイルで滑らせる
洗体サービス:実際にムスコを握って刺激する
ことが多い傾向にあります。
そのため洗体サービスの方が、大きくなったムスコを触る可能性が高くなるため、アロマエステ嬢がエッチな気持ちになり、事故が起こる可能性が高まります。

事故が起こりやすいタイプのアロマエステ嬢

ここではアロマエステにおいて、事故が起こりやすい女の子のタイプについて説明しています。

在籍期間が長いベテラン

「本番」「素股」などの事故が起こりやすいアロマエステ嬢のタイプとして、在籍期間の長いベテランが挙げられます。

ベテランアロマエステ嬢は大きく分けて
・常連客が多い
・常連客が少ない
という2種類が存在しています。

この中で事故が起こりやすいのは「常連客が少ない」タイプです。
「常連客が少ない」タイプは、お店の中では年齢が高めである場合が多く、シワがある・肉がたるんでいるなど容姿が劣化していることも少なくありません。
利用する男性客は、新人・年齢が若い・人気ランキング上位・お気に入りなどを指名することが多いので、施術を行える機会が少なくなります。
そういった状況を改善し、少しでも指名を増やすために、「素股」「本番」などを行う人も少なくありません。

それに対し「常連客が多い」タイプは、多くの常連客を獲得しているため、事故を起こして指名を増やす必要はありません。
このようなタイプは男性客とLINEやメールなどの連絡先を交換していることも多いので、常連客が来る時だけ出勤するということも可能です。
連絡先が分かっていなくても、出勤時に沢山の男性が集まる傾向にあるため、少ない出勤の中でも効率良く稼ぐことができます。

このようなベテランアロマエステ嬢を選択するためには、「HPの在籍一覧ページ」「写メ日記(ブログ)」「お店の掲示板サイト」をチェックすると良いでしょう。

HPの在籍一覧を見ると、最近入ったばかりの女の子には「NEW」「新人」などのマークがついていることが多いので、長く在籍する人を見極めるのはそう難しくありません。

また風俗情報サイトに掲載している・HPのコンテンツが充実しているお店の中には、女の子が写メ日記・ブログを行っていることも多いです。
その投稿数が何十ページにも渡っている・最初の投稿の日付が数年前の場合は、ベテランであると考えて良いでしょう。

HPに「NEW」「新人」などのマークがない、写メ日記やブログのないお店であれば、掲示板サイトを確認する方法があります。
お店の掲示板サイトに移動し、気になったアロマエステ嬢の名前で検索をかけ、数年前の日付の投稿があった場合は長く在籍する女の子と考えて良いでしょう。

事故を起こすアロマエステ嬢を見分けるポイント

ここでは女の子と対面したときに、事故を起こす可能性が高い女の子だと見分けるためのポイントを挙げています。

1. 給料や仕事のことを突っ込んで聞いてくる

「素股」「本番」などの事故を起こす可能性の高いアロマエステ嬢の行動のひとつに、仕事や給料について突っ込んで聞いてくることが挙げられます。

アロマエステなど風俗で働く女性の中には、初対面の男性に対する「挨拶」のような会話のひとつとして「何の仕事してるんですか?」と聞いてくる人も多いです。
ほとんどの場合はそれについて詳しく聞いてきません。

ただ仕事について答えたあとに、「具体的にどんなことをしてるのか」「給料はどれくらいか」「役職は何か」など細かく聞いてくる人もいます。
このようなタイプは、対面する男性客が定期的に遊びに来るだけの財力があるかを確認していることが多いです。
そのため、医者など給料の高そうな仕事をしている・給料が高い・部長など上の役職についている相手だった場合、常連客になってもらおうと「素股」や「本番」をする可能性が高くなります。
ただこのようなタイプの場合、会話から定期的に遊びに来る財力がないと分かると、絶対に事故が起こらないような対応をしてくることも特徴です。

2. 初対面にも関わらず抱き着いて来る

はじめて会ったのにも関わらず、対面したときに抱き着いて来るアロマエステ嬢も、「素股」「本番」などの事故が起こる可能性が高い傾向にあります。

デリヘル・ソープなど濃厚なサービス内容の業種の場合は、雰囲気を高めるため、対面した瞬間に抱き着いて来る女の子も少なくありません。
ただアロマエステの場合は、施術着を着て男性にマッサージなどを行う・施術前にアンケートを行うなど、風俗の中では真面目な印象の接客内容の業種です。
初対面の男性に対しては礼儀正しく接することが多いので、抱き着いて来る女性はほとんどいません。

このようなタイプも濃厚なサービスを行い、指名してくれる男性を増やし、稼ぎたいと考えている人が多いです。
そのため施術のときに身体を密着させるなど濃厚なマッサージを行い、「素股」「本番」などの事故を起こすといった対応をする可能性が高くなります。